ここだけは抑えておくファイナンシャルプランナーの試験制度。

本来ならDVD講義を使っての勉強をご紹介したいのですが、 ファイナンシャルプランナーの試験制度は複雑ですので、ここで少し説明をしていきたいと思います。
たぶん、知りたいという人も多いと思います。

まず、ファイナンシャルプランナーの試験制度を複雑にしているのは、 試験団体が日本FP協会と金財の2つあるからです。
どちらの団体でも国家資格である1~3級FP技能士を受検することが可能です。
しかし日本FP協会には独自の民間資格であるAFPとCFPという2つの検定試験を設けています。
それが日本FP協会の強みで、AFPは2級FP技能士と同等の資格で、CFP(国際ライセンス)になると1級FP技能士クラスの資格になります。

現在は、FP技能士の国家資格よりもAFP、CFPのほうが知名度は高く、ファインナンシャルプランナーとして仕事をしていくために、AFP、CFPを取得する方が多いのです。

ただし、AFP、CFPを取得するには、様々な条件があります。
例えば、AFPなら、2級FP技能士に合格すること、CFPなら資格認定試験に 合格することです。 それに加え、どちらの資格も協会指定の認定研修を受けなければいけなければいけません。

認定試験というのは、日本FP協会が指定する、通信講座や資格学校を受講して、 課題を提出することです。 もちろん、各学校で内容の説明があるので、今は難しく考える必要はありません。

色々説明してきましたが、皆さんがもしファイナンシャルプランナーの資格を 仕事に活かしたいのなら、まずAFPを目指すことです。
AFPなら、面接時にアピールすることができ、就職・転職に有利です。
そのためには、2級FP技能士に合格しなければなりません。 その勉強をするのです。

また、もし仕事ではなく、将来のライフワークを充実させるための知識を取得したいなら、 2級FP技能士だけで良いでしょう!

ちなみに2級FP技能士を受検するための資格があります。
・3級FP技能士をもっているか。
・日本FP協会が指定する通信講座や資格学校でAFPの認定研修を終了する。
・2年以上の実務経験があること。

3つの内一つでも満たしていれば、受検可能です。 AFPを目指す人は、通信講座や資格学校を受講することになるので、3級を受ける意味は ほとんどありません。