問題集は過去問演習を中心に!

DVD講義とテキストを使い、ある程度基礎知識が身に付けば、次に過去問を集中的に 勉強していきます。 この過去問が合格できるかできないかの大きなウェートを占めますので、 しっかり時間をかけて勉強してください。
ちなみに私は、過去問の勉強を3ヶ月ほど費やしました。

それでは、ここで、何故過去問が重要なのか説明していきたいと思います。
その答えは、毎年似たような問題が繰り返し出題されるので、学習ポイントを掴みやすくなるのです。
例えば、出題分野の頻度がわかるので、何処を重点的に勉強すればよいかわかりますし、 出題レベルもわかるので、どこまで突っ込んで勉強するべきなのかもわかります。 要するに効果的な試験対策ができるということです。

しかし中には、今年はそうじゃないかも知れない、来年はまったく違った問題が 出るかもしれないと不安に思う人もいるかも知れませんが、それはありえません。

何故なら、ファイナンシャルプランナーの試験範囲がいくら広いとは言え、
出題範囲が決まっていて出せる問題も限られてきます。
その上、毎年似たような問題を出さないと合格者のレベルも一定に保つことはできません。
ですから、出題者は今年だけまったく違った問題を出すということはできなくなるのです。

但し、捨て問題というのが毎年何問か出題されると思います。
それは、過去何十年とさかのぼってもまったく出てこない問題です。
ですが、そういった問題は、わざと解けないように難しくしているので、飛ばしてもらっても構いません。たぶん講師でも解けないような問題です。 そうした捨て問題を落としたとしても、類似問題をしっかりと勉強しとけば合格できるように 作られています。

2級FP技能士の試験は、6割取れれば合格です。 捨て問題が2割ほど出題されても残りの8割は、基礎知識と過去問をしっかりやれば 解けるようにできています。

わからない問題が出たからといってそこに時間を書けるよりも、基礎問題に時間を使えば 合格は十分可能です。 是非、そのことも忘れずにいて下さい。