テキストとDVD講義の映像の違い

DVD講義の効果をよりよく理解するためには、テキストとの違いについて知る必要があります。

DVD講義とテキストのもっとも大きな違いは、5感をフル活用できるか、できないかです。
例えばテキストでの覚え方の場合、読む、書くに限定されてしまい、その上、書いてある法律を正確に捉えられるかも疑問です。

一方、DVD講義を使えば、見る、聴く、書く、声に出す、動きを付ける(相槌を付きながら講義を聴く)など、人間の感覚をすべて使いながら勉強することが出来るのです。 その中でも見るという行動が大きく、あるアメリカの大学で行った調査では、 見るという効果は読む効果に比べ、倍の記憶効果があるとされています。

皆さんにも思い当たる節があるのではないでしょうか?
例えば、以前見た、映画やテレビドラマのワンシーンを頭の中で思い出し、 主人公がこういう台詞を言っていた、あの台詞は感動したなど。
DVD講義の場合もそれと一緒で、講師がどのように言っていたか、頭の中でパッと映像が浮かぶのです。 テキストだとそうはいきません。
その上、DVD講義を使い、5感をフルに使った勉強をすれば、読むだけの勉強に比べて、 4倍以上の効果を発揮するそうです。

私もそのような実感を受けました。 ファイナンシャルプランナーのDVD講義を3回聴く効果は、テキストだと何十回、何百回読まなければいけません。 そのくらい違いがあると感じます。

このサイトを見てくれている方、もしくはこれからファイナンシャルプランナーを受検しようと思っている方は、普段仕事をしている社会人が多いと思います。
そんな方たちは、勉強時間が限られてしまいますので、短時間で効率よく学ばなければいけません。 ですから、DVD講義を使い、効率をよく知識を吸収していくことに意味があるのです。
テキストだけの勉強にこだわり、無駄な時間を使う必要はありません。
出来るだけ短時間で効率よく学ばなければいけないのが社会人です。
そのためにはDVD講義が必要と理解してください。